柴原製材所のブログ

工場見学を行いました!(一宮北小学校様)

7/14(水)に、弊社工場へ一宮北小学校の五年生の皆さんが来て下さり、工場を見ていただきました。

※コロナ対策と安全の為、マスクとヘルメットをしっかり着用してもらって、見学をしていただいています。

室内での簡単な説明の後、工場へ。

まず、原木がチェーンソーカットされる所を見てもらいました。

※十分に安全な位置まで下がって見てもらっています。

大きな音を立てて木が真っ二つになる様子に、ここが一番迫力があったと言ってくれた子もいました。

 

続いて工場内の製材ラインへ。先ほどカットされた原木が次々と縦に切られていく様子を見てもらいました。

帯鋸の大きさ、木を加工する音、製材品がドスンと出てくる時の振動など、体感してもらえたでしょうか。

次は製材した木が、パレットへと組み立てられるラインです。

機械が一往復するごとに、何十本もの釘が打ち込まれ、パレットが作られていきます。

自動ライン以外の、直接手でパレットを作る様子も見てもらいました。

職人が慣れた手つきで板を設置し、インパクトで釘を打ち込んでいきます。

最後は質疑応答です。皆さんの真剣な質問に、真剣に答えさせていただきました。

地元のケーブルテレビから放映されるということもあり、私もかなり緊張をしています。

工場見学を行うのは初めてで、少しでも安全に見ていただくにはどうしたらよいかを社員で考える機会になり、会社として、とてもいい経験になりました。

一宮北小学校の皆様、柴原製材所に来ていただき、ありがとうございました。

【高強度】穀物段積み用パレット

弊社の南洋材パレットを購入していただいている、倉庫会社様を訪問させていただきました。冷蔵倉庫にて保管効率を上げる為、5段積されており、一枚当たり1.2トン×5=6トンの荷重が最下層のパレットには掛かっています。大変大きな荷重ですが、南洋材パレットの変形は少なく、10年程度ではヘタレてくることもありません。2段目以降のパレットは、凹凸のある面に乗ることになり、局所的な荷重が発生することもありますが、南洋材はこのような集中荷重にも強く、割れることはほぼありません。

作業用足場

20170419_DSC_1083作業用の足場として、南洋材をご利用されるお客様がいらっしゃいますのでご紹介します。

長さ、幅、高さは作業される状況に合わせて都度変更しております。

通常のすのこと比較して南洋材は堅いので、たわみが少なく、

ずっと使用していてもほとんど壊れないのが特徴です。

 

花見バーベキューを行いました

20170417_DSC_1066

会社から車で5分の場所(兵庫県宍粟市 スポニックパーク一宮)でバーベキューを行いました。

山の中腹から、町を見渡せるところに小屋があり、周りは桜がきれいに咲いていました。

28人に参加していただき、大変にぎやかでした。

20170417_DSC_1078

実家の畑でとれた食材を持ってこられた社員さんもいて、

写真は大きなネギを焼いているものです。

外側は真っ黒になりますが、中はとても甘く、塩で美味しくいただきました。

段積み保管用パレット

20170220_DSC_1030保管物の表面に凹凸があったり、傾いていたりしていても、段積みして保管できるパレットです。

20170220_DSC_1038 20170220_DSC_1036

左写真の内部に保管物を入れ、右写真の蓋をかぶせます。

荷物のサイズに合わせてパレットの寸法は変更可能で、

材質が木である為、滑りにくくなっています。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

月間カレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31