木製パレットの選び方

木製パレットの利点は、ご使用方法や積載物に合わせて、仕様を自由に決めれる所にあります。

ここでは、木製パレットを選ぶ上で、弊社スタッフが気をつけているポイントを一部ご紹介いたします。

木製パレットを選ぶポイント

 

1.形状 2.サイズ 3.材質 4.加工

主にこの4項目によって、木製パレットの仕様を決めていきます。

1.形状

まず、パレットの形状を選びます。代表的な型式には、以下のものがあります。

両面使用形(R型)

両面使用形

最もオーソドックスな型になります。
上板、下板ともに十分あるため、強度が強く、長く使えます。段積みも可能です。上板が破損した場合も、裏返して使用できます。

幅が1400mm以上になると、桁を3本から4本へ増やした方が安定します。

片面使用形

片面使用形

ハンドリフトが使える形になります。
下板が少ない分、強度が若干下がりますが、コストも下がります。

単面形(S型)

単面形

下板を全て無くすことで、強度は下がりますが、コストを最大限に低くしたタイプです。

使い切りのワンウェイ用パレットに向いており、上板の枚数を減らすことで、更にコストを抑えることができます。(強度については弊社スタッフが検討致します)

けたくり抜き四方形

桁くり抜き四方差し型

桁を使用して強度を保ちつつ、どの方向からもフォークで運べるパレットです。横向きにトラックに積載したい場合等に、効率よく作業を行えます。

両面使用両翼形(RW型)

両翼型

荷物を梱包する際、バンドを通しやすい形状です。

ブロック使用型

ブロック使用型

コストを抑えつつ四方差しにしたタイプです。

上記の型式以外にも、ご要望に応じた様々な形状のパレットを製造しております。

2.サイズ

形状が決まった後は、サイズについて検討をします。

下の図は、木製パレットの各部の名称を表したものです。

サイズ

最も重要となる、パレットの幅(W) X 桁長さ(L)は、お客様の積載物、工場ラインや自動倉庫の仕様、トラック等への積載効率等により、決定されることと思います。

主なパレットの寸法 (幅 X 桁長さ)

1100 X 11001200 X 10001300 X 1100
1400 X 11001200 X 12001500 X 1200

上記のサイズ以外にも、柴原製材所では、10mm単位でお客様のご要望のサイズをお作りします。

 

次に、その他の重要な寸法についてご説明します。

板厚

パレットのたわみや、耐久性に大きく影響します。                        
板厚20mmとするのが一般的で、15mmと20mmでは構造計算上、1.8倍近く耐荷重が違うことになります。                        
自動倉庫などでは、曲がりによってセンサーの感知が妨げられることもあるため、十分な検討が必要です。

板幅、板枚数

板幅と板枚数によって、板~板の間隔が決まります。                        
積載物が細かったり、小さい場合は隙間に落ちないよう、注意が必要です。                        
中板は120mmが一般的ですが、負荷の大きい外板は150mmにすることがあります。                        
積載物の形にフィットした、不規則な板配置にすることも可能です。

桁高さ

フォークリフトの爪が入る分は最低限確保します。                        
90~100mmにするケースが多く、パレットの全高や段積み保管時の高さにも影響します。                        
自動ラック倉庫などで重量物を保管される場合は、桁に大きな負荷が掛かりますので、十分な桁高さと桁本数が必要です。

桁幅

45~50mmは、釘を安定して打つ為に必要です。
厚くするほど
強度は上がりますが、その場合は桁高さを増やした方が効果的です。

 

木材の体積を下げるほど、コストも下がりますので、パレットを使用する形態や、積載物に対して十分安全に使えて、かつ余分を省いた構造にすることが大切です。
以上の原則と、長年つちかった経験で、弊社スタッフが最適な構造をご提案します。

3.材質

木製パレットによく使われる材質は、下記のものがあります。

材質_杉

強度普通
寿命普通
価格やや安い
代表的な
樹種

材質_松

強度強い
寿命長い
価格普通
代表的な
樹種
カラ松、米松、ニュージー松、トド松、内地松、中国松

南洋材

材質_南洋材

強度非常に強い
寿命非常に長い
価格高い
代表的な
樹種
アピトン、タウン、カメレレ、カポール、デレニア、ウォーターガム

どの樹種を使うかによって、価格、耐荷重、耐用年数が全く違ってきます。安くしたのはいいが、早期に破損して倉庫を圧迫している、というようなことにならないように、ご使用方法に最適な樹種を弊社スタッフが提案いたします。

例えば…

クエスチョン

機械部品の入ったダンボールを輸出する為に使用したい。重量はパレット1枚あたり1トンで、ハンドリフトも使用する。

サイズはW1130 x L1150 

アンサー

ある程度の重量物をのせ、ハンドリフトも使用されるので、形状は片面使用型となります。また、輸出されるということですので、材質は熱処理をしたニュージー松などが適しています。

※熱処理のご説明は以降の4.加工にあります

ワンウェイの為、板厚は15mmにして、コストを抑えます。

材質_QA1

クエスチョン

粉ものの袋を保管したい。重量はパレット1枚あたり2トンで、3段積みにする。

サイズはW1500 X L1500

アンサー

段積みの一番下のパレットには計6トンの荷重が掛かることになり、幅も1500mmと長いので、かなり強度のあるパレットにする必要があります。

形状を両面使用型、材質を南洋材、板厚を22mmにすれば安全に、長く使用していただけます。

  ※南洋材は曲がりにくく、破損しにくい他に、劣化が遅いことや、堅く釘の保持力が高いことなども、耐用年数が大幅に増える要因となります。

材質_QA2

4.加工

加工を施すことにより、パレットの機能をさらに高めることができます。

四隅丸身取り加工 ▲ハンドリフト用差込口加工 ▲沿岸荷役吊上げ用加工 コーナーを丸く切り取っているため、積み降ろし時に商品が傷つきにくい。紙袋・ビニール袋など袋物に適しています。

四隅R加工

コーナーを丸くすることで、積み降ろしの際、商品を傷つきにくくします。紙袋、ビニール袋などの袋物に適しています。

ハンドリフト用差込口加工

ハンドリフト用差込口面取り加工

ハンドリフトがスムーズに入るようになり、 作業が効率化します。 フォークリフトの爪による破損を防ぐ効果もあります。

ワイヤー吊上げ用加工

ワイヤー吊上げ用加工

クレーンを使用する場合、ワイヤーなどを通して吊上げるためのものです。

加工_ネーム

ネーム入れ

桁側面に、御社名、年月、ナンバーなどを墨入れいたします。フォントは角ゴシック体、丸ゴシック体、明朝体などからお選びいただけます。ロゴも可能です。
(写真は丸ゴシックのサンプルです)

加工_熱処理

熱処理(燻蒸処理)

輸出用のワンウェイパレットは、虫の混入を防ぐ為、国際基準(ISPM No.15)に従い、熱処理を行った後、証明スタンプを押します。

柴原製材所では、パレットのトレーサビリティを確保するため、スタンプ横の番号とアルファベットによって、保管してある熱処理のデータ(温度の推移)とリンク、追跡できるようにしています。

加工_専用形状

専用形状加工

お客様の商品の形状や、梱包、運送の都合に合わせて、
木材を追加、組付けすることができますので、お気兼ねなくご相談下さい。

以上、木製パレット選びのポイントを紹介させていただきました。お客様のご要望に応じて、様々な提案をさせていただきますので、パレット選びに迷われた時はぜひ柴原製材所にご相談下さい。