木製パレットとプラスチックパレットの比較

プラスチックパレットと木製パレット

現在、日本の物流の現場では主流が木製パレットからプラスチック製パレットヘと移りつつあります。プラスチック製パレットはカビ、ヤニなどが発生せず、衛生的で耐水性にも優れているといわれています。また、軽量で木くず、ささくれが発生せず、扱いやすいという点もプラスチック製が支持されている大きな理由であるといえるでしょう。

しかし、木製パレットの持つ強みがお客様のニーズに合っているため、使い続けておられるお客様がいらっしゃいます。ここでは、木製パレットがどういった特性、強みを持っているのか、プラスチックパレットと比較してご説明いたします。

各種パレットの長所と短所

  長所 短所
木製
  1. サイズや加工を自由に指定できる
  2. 安価である(杉、松材)
  3. 強度、寿命に優れる(10年以上)(南洋材)
  4. 積み荷やフォークとスリップしにくい
  5. 補修ができる
  6. 高温になっても強度が落ちない
  7. 低温になっても割れにくい
  8. 静電気が発生しにくい
  9. 結露しにくい
  10. 化学変化が起こりにくい
  1. 重量がある
  2. 木くず、ささくれが出ることがある
  3. ヤニが出ることがある
  4. 湿度が高い時、カビがでることがある
  5. 木特有のにおいがする
  6. 重量、寸法にバラつきがでる
  7. 輸出時、熱処理が必要となる
  8. 釘が浮くと強度が下がる
プラスチック製
  1. 洗浄が容易である
  2. 同じ強度だと、木製パレットより軽量である
  3. 木くず、ヤニがでない
  4. カビがでにくい
  5. ほぼ無臭である
  6. 耐水性に優れる
  7. 重量、寸法にバラつきが少ない
  8. 再生パレットとしてリサイクルできる
  1. オーダーメイドはコストが高くなる
  2. 木製に比べ積み荷やフォークとスリップしやすい
  3. 補修が難しい
  4. 高温になると、強度が下がる
  5. 低温になると、割れやすくなる
  6. 乾燥時、静電気が発生する
  7. 火災時、容易に消えない

木製パレットを使用されているお客様には、大型で特殊サイズの製品を自動倉庫で保管する、高温の製品を積載する、補修材で定期的に修理する等、木製パレットならではの理由で購入されている方がいらっしゃいます。どのような用途、形態でパレットを使用されるかで最適なパレットは変わりますので、是非ともご相談下さい。